観光、グルメ、中国語!リアル台湾

台湾在住、はや一年。リアルな台湾、満喫中。

烏来温泉。台北から日帰り可能だが、ライバルが強すぎる。

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180216221944p:plain

 

今日は台北から日帰り可能な温泉地、烏来温泉(ウーライ温泉)です。観光で台湾に来て、烏来温泉に行く人はよっぽど台湾に何度も来たことのある人ではないでしょうか。まあ、普通は来ないでしょう。台北からより近いところに、北投温泉がありますので。リアル台湾ですから、思い切って書いてしまいますが、温泉に行きたいなら北投温泉に行っておけば間違いない

mimitamaboy.hatenablog.com

 

そんなライバル北投温泉の脅威に晒されながら、何とか生き延びている烏来温泉ですが、北投温泉には無い、烏来温泉ならではの良さもあります。いくつか挙げてみましょう。

  • 山奥で水、空気が綺麗
  • 観光地として烏来瀑布がある
  • ロッコ、ロープウェイに乗れ、子どもも楽しい
  • 泰雅族(タイヤル族、原住民)文化に触れることができる

烏来吊橋↓ 大自然の中に佇む姿に雰囲気が出ていますね。

f:id:mimitamaboy:20180216230416p:plain

 

そして、ライバル北投温泉の良さも書いてみましょう。

  • 台北から近い、アクセス抜群
  • 温泉観光地として確立されており、全体的にクオリティが高い
  • 食事のバラエティが豊富
  • 観光地として地熱谷がある

 

何か文字にすると、そんなに差が無いように感じますね。むしろ烏来温泉の方がいいんじゃないかと思うくらいだ。でも、実際にはかなり差がありますけどね(北投>>>烏来)。念のため書いておきますが、別に烏来が嫌いなわけではありません。台湾に住んでいるなら、一度は行ってみたらいいと思います。二度目があるかどうかは、人それぞれ。

 

烏来が北投に負けてしまう大きな要因は、やはり大きくは台北からの距離と設備を含めたクオリティでしょう。まず、北投は台北から30分程度で、MRTで繋がっていますから、北投に宿をとって、台北観光をしても、全然いけます。みみたまボーイなら、そうしたい。

 

あと、烏来は北投に比べて全体的に設備が古めですね。まあ、温泉旅館なので多少年期が入っている方が雰囲気が出て良いような気がしますが、やはり綺麗な方がいいです(笑) そして、これは完全に人によって意見がわかれますが、烏来は食事が台湾料理か原住民料理の、ほぼ二択。これがみみたまボーイには辛かった。。。食べれるものなし。

 

烏来温泉の場所

ざっくりイメージとしてGoogle map張り付けておきます。

 

烏来温泉への行き方

f:id:mimitamaboy:20180216230245p:plain

何個か行き方があります。

  1. バス:台北から849番のバスで烏来温泉(終点)まで行ってくれます。
  2. MRT+バス:MRTで新店まで。そこから849番のバスに乗る。
  3. MRT+タクシー:MRTで新店まで。そこからタクシーで烏来へ。

 

まあ、どれでもいいのですが、オーソドックスは2.MRT+バスですかね。渋滞さえ気にしなければ1.バスもいいです。3.MRT+タクシーは、便利ですが、他の移動方法と比べてコストは圧倒的にかかりますね。タクシーが650元くらいなので。バスなんか数十元ですから。

 

ただ、烏来のバス停付近のホテルではなく、烏来瀑布付近のホテルを予約しているのであれば、MRT新店から一気にタクシーでホテルに行く方が楽です。烏来バス停から烏来瀑布まで2.5kmほどあり、タクシーで250元ほどかかるので、どうせ烏来バス停でタクシーに乗るくらいなら、新店から一気にタクシーを使った方が楽だと思う。

mimitamaboy.hatenablog.com

 

烏来の様子

烏来で行くところは、大きく二か所。

  1. ホテルが集中している地域(烏来老街もあり)
  2. 烏来瀑布付近

この、1と2の距離は約2.5kmあり、移動方法は、歩く、タクシー、トロッコ列車になります。とはいえ、せっかく観光に来ているわけですから、当然、トロッコ列車でしょう。トロッコ列車は老街の近くから出ており、降りたところが烏来瀑布です。これは使える。まあ、みみたまボーイが行った日は、旧暦の12月31日だったのでトロッコ休業でしたけどね!(歩いた。=歩ける。)

 

トロッコ列車(駅)です。写真は撮ってきました。正式名称は烏来観光台車です。歩いていれば、まず見落とさないほど大きな看板があるので、大丈夫。

f:id:mimitamaboy:20180216231113p:plain

 

こういうのに乗れるはずだった。

f:id:mimitamaboy:20180216231143p:plain

 

烏来瀑布まで連れて行ってくれます。

f:id:mimitamaboy:20180216231210p:plain

 

烏来瀑布は、なかなかのモノです。

f:id:mimitamaboy:20180216231244p:plain

 

烏来瀑布からロープウェイで更に上まで行けるのですが、トロッコ列車が休業しているような旧暦12月31日に行きましたので、当然、ロープウェイも休業でした。でも、自然の中を歩くのも爽快です。この自然が北投にはない烏来の魅力でしょう。まあ、今更フォローしても手遅れな気はする。

 

日帰り温泉もいっぱいありますが、行くなら一泊二日がいいと思います。せっかくの温泉なのに台北から日帰りするのは、ちょっと慌ただしいので。

 

では、また。

 

関連記事:

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com