観光、グルメ、中国語!リアル台湾

台湾在住、はや一年。リアルな台湾、満喫中。

野柳海洋世界と奇岩地帯!台北からバスでの行き方。泊逸渡假酒店もお勧め。

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170619005009p:plain

今日は台湾の絶景のひとつにも数えられる「野柳(Ye3 liu3 イエ リゥウ)」の紹介をしたいと思います。「野柳(Ye3 liu3 イエ リゥウ)」は台湾のカッパドギアとも呼ばれる奇岩地帯。有名な「女王の頭部」を代表とする、奇岩の大パノラマは一見の価値ありです。台北からバスで揺られて一時間半くらいでしょうか、日帰りも可能です。日本からだとツアーで行く人が多いかもしれませんが、自力でも全然行けますよ!

 

【野柳の位置】

 

車だとたったの40分なんですね。車があればなーと思ってしまいますね。ただ、台湾での車の運転は非常に危険なので、バスで行きます。

 

野柳行きのバス

国光客運の1815に乗ります。最近、乗り場が変わり、2017年6月時点では台北駅の東一門からの発車になります。10分~20分に一本ありますので、それほど待つことはないかと。下のサイトで国光客運の1815にアクセスできます。停車するバス停の表もありますね所要時間は約1時間30分弱といったところで、料金は100元程度(安い!)。バスは悠遊卡を使うと便利ですよ。ぜひ、悠遊卡で行ってください。

國光客運 KUO-KUANG eBus

西Aç«æ¬é·å°å-å¹³é¢æ示_確èªç_è½å¤æ¡

 

mimitamaboy.hatenablog.com

 

 

野柳地質公園近くのおすすめホテル

さて、野柳に着いたら、さっそく野柳地質公園に行きましょう。と言っても、野柳地質公園は海辺に面していますし、なんせ奇岩地帯ですから、足元もそんなに良いわけではありません。なので、できるだけ荷物は少な目で行った方が良いです。ヒールとかで来ちゃ、ダメですよ(笑)

 

そうは言っても、旅行ですから、それなりの荷物があると思います。台北から日帰りもできますが、余裕があれば一泊してもいいですね。子連れの方であれば、片道一時間半のバスで往復は結構子どもにはキツいですし、一泊をお勧めします。一人旅の人は、日帰りでOK。みみたまボーイも若き貧乏旅行の日々だったら日帰りしてます(笑)

 

さて、野柳で一泊、しかも子連れなら、野柳泊逸渡假酒店 BOUTIX RESORT HOTEL YEHLIUがおすすめです。このホテル、野柳地質公園の目の前にあるんですね。チェックイン前についても当然荷物は預かってくれますし、子連れに嬉しいキッズランド(こどもの遊べるスペース)が非常に充実しています。プールもあります。子どもなんて、奇岩よりこのホテルで遊んだことの方が楽しかったことでしょう。

 

あと、バスでの行き方を書いておいて何ですが、野柳泊逸渡假酒店 BOUTIX RESORT HOTEL YEHLIUに泊まれば、台北駅→ホテルの無料シャトルバスが利用できます。直通だし、便利です。みみたまボーイは、シャトルサービスの存在を知らず、行きは国光客運のバスを使いましたが、帰りはシャトルバスを使って台北に帰りました。シャトルバスの唯一のデメリットは、バスの時間が決まっていることでしょうか。帰りのバスは昼くらいにホテル発だったと思います。行きは利用していませんが、予約時に問い合わせてみると良いと思います。

 

巨大ボールパーク野柳泊逸渡假酒店

f:id:mimitamaboy:20170619005105p:plain

 

ゲームセンター(もちろん無料、TVゲームもあった:野柳泊逸渡假酒店

f:id:mimitamaboy:20170619005209p:plain

 

野柳地質公園

さて、本丸の野柳地質公園です。岩石は主に石灰質の砂岩からなっていて、岩層の割れ目が海水の浸食を受け、柔らかい部分が失われ、残された固い部分だけが、その姿を今に残しているようです。時間の力と自然の力が融合して、この絶景が作り出されているんですね。シンボルである「女王の頭部」は後5年で首が折れると専らの噂なので、早めに訪れた方がいいかもしれませんね。

 

半島になっています

f:id:mimitamaboy:20170619011611p:plain

奇岩の大パノラマ

f:id:mimitamaboy:20170619011637p:plain

シンボルである「女王の頭部」

f:id:mimitamaboy:20170619011659p:plain

 

野柳地質公園のついでに(野柳海洋世界)

野柳地質公園の隣に、野柳海洋世界という水族館があります。ほんとに隣です。徒歩5分。家族連れなら、訪れてみてもいいかもしれません。みみたまボーイ家は一泊した二日目の朝、シャトルバスまでの時間で行きました。非常に小さな水族館なので、あまり見るものはありません。。。そう、「おっさん飛び込み」以外は。「おっさん飛び込み」は、衝撃ですよ。「おっさん飛び込み」の印象が強すぎて、イルカショーだったか、アシカショーだったか忘れてしまいましたが、ショーの前座として「おっさん飛び込み」があります。いや、もうこのショーは「おっさん飛び込み」が主であると言えるでしょう。おもしろんです、おもしろんですが、長い。。。長すぎる。多くは語りませんが、時間があれば野柳のダークホース「おっさん飛び込み」も見てあげてください。

f:id:mimitamaboy:20170619012902p:plain

 

いかがでしたでしょうか、魅惑のおっさん飛び込み奇岩の大パノラマ野柳の魅力が少しでも伝われば幸いです。台湾の絶景にふさわしい、一度は訪れたい観光地ですね。いつ見れなくなるかわからない「女王の頭部」と「おっさん飛び込み」を楽しみに、是非一度、野柳を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

では、また。

 

関連記事:

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com

 

mimitamaboy.hatenablog.com