観光、グルメ、中国語!リアル台湾

台湾在住、はや一年。リアルな台湾、満喫中。

日本と台湾を繋ぐ観光地、妖怪村への行き方(バス)

こんにちは、みみたまボーイです。

 

f:id:mimitamaboy:20170624035117p:plain

今日は台湾のちょっと変わった観光地、妖怪村を紹介したいと思います。溪頭松林町妖怪村」です。台湾にも妖怪がいるの??って思う人もいるかもしれませんが、お化けの類はどこにでもいますね。そして、この妖怪村は日本とも関係があるようです。

 

溪頭松林町妖怪村の誕生

日本統治時代の話になるようですが、「松林」さんという台湾人(日本名?)と、日本から来ていた「久保田」さんが友人となり、二人の絆から生まれたようです。久保田さんが「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な水木しげるさんと同じ鳥取県だったことなどから、台湾に妖怪村が誕生したようです。。。久保田さん→妖怪への繋がりが「鳥取」を除いて、私にはイマイチわかりませんでしたが、いずれにしても日本との絆でできた村ということで、これからも日本と台湾の親睦を深める架け橋となるような村であって欲しいと思います。

 

行き方

 台北から。遠いですね。

 

新幹線の最寄り駅である台中から。それでも、遠い。

 

具体的な行き方は、下のようになると思います。

新幹線の台中駅を起点とする場合:

  1. 台北駅から新幹線で新幹線の台中駅へ行く
  2. 「溪頭線:6883」に乗る。片道約1時間半「溪頭」で下車

台湾鉄道の台中駅を起点とする場合

  1. 台中駅(干城站から出ています。場所は注意!)から、「溪頭線:6883」で行く。「杉林渓行き:6871」 でも行けます。片道約1時間半。「溪頭」で下車

 

【時刻表】

「溪頭線:6883」

南投客運 NANTOU BUS 

杉林渓行き:6871

公車路線資訊 Page (「時刻資訊」でバスの時間が見れます。時間が限られているので、注意!)

 

 

バスに乗るときは、是非、悠遊卡(ようようか)を使ってください。もちろん、現金でも乗れます。

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com

 

妖怪村

では、実際に妖怪村を見てみましょう。妖怪村は、かなり観光地化されており、妖怪グッズや妖怪グルメ、妖怪お土産など、本当に妖怪尽くしの村になっています。というか、本当に妖怪しかない。あまり広くはないので、妖怪グルメを楽しんだりしながら、二時間もあれば十分かなと思います。妖怪村そのものは、なんとなく日本っぽい作りで懐かしい雰囲気もありますよ。

 

妖怪村の割と近くに、台湾の秘境「忘憂森林」があります。妖怪村まで行くのであれば、ぜひ台湾の秘境、知る人ぞ知る「忘憂森林」も一緒に行ってみてはいかがでしょうか?ちょっと遠いので、個別にまわるより一回で二つ訪れた方が効率的だと思います。

 

昔の日本みたい

f:id:mimitamaboy:20170624035151p:plain

 

鳥居もあるし

f:id:mimitamaboy:20170624035228p:plain

 

妖怪郵便局で手紙も出せます!

f:id:mimitamaboy:20170624035309p:plain

 

では、また。

 

関連記事;

 

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com

mimitamaboy.hatenablog.com